ホーム>神戸・海岸ランニングのコーチブログ>神戸・海岸ランニングのコーチブログ>過酷な夏の体調不良
神戸・海岸ランニングのコーチブログ

過酷な夏の体調不良

連日35℃越えの日々が続いておりますが
みなさんお変わりなくお過ごしですか?
この時期体調を崩す方が多いようです、
なぜ体調を崩すのか調べてみました。

 

夏は暑いがゆえに、人間の体には、基礎代謝を落として熱産出を
なるべく少なくするようなメカニズムがある。それでも暑いので、
冷や奴、ビール、冷や麦、冷やしソーメン、ところてん、カキ氷、
アイスクリーム、スイカ、キュウリ、トマトなど、体を冷やす食物を
たくさん摂って暑さをしのぐ、という生活の知恵を身につけてきた。


しかし、このくらいのことでは暑さをしのげないので、
大量の発汗をし、その汗が蒸発するときに必要な「気化熱」を
体から奪って、体を冷やしていた。
 
 約40年前から日本に普及してきた冷房は、今や各家庭、
オフィス、学校、バスや電車など至るところに設置され、
真夏の我々の体を冷やしてくれるのはよいが、
その結果、冷え(低体温)を招き、また発汗を妨げることで
起こる体内の水分貯留(むくみ)という副作用をもたらす結果になった。


夏の体調不良の代表例

(1)夏風邪を引く。しかも、長引く傾向にある。
(2)お腹(胃腸)を冷やすことにより、胃腸の働きが低下し、
  食欲不振、下痢、便秘が起こる。
(3)冷えて血管が収縮して血行が悪くなることによって、肩こり、
  頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、血圧上昇が起こる。
(4)発汗が十分ではないため、体内に余分な水分がたまり、
  むくみや水太り(夏の体重増加)が起こる。
(5)体内に余分な水分がたまると、1日中雨の中にいるようなもので、
  「体がだるい、重い」「気分が冴えない」という症状も起こりやすい。
(6)夏(7~8月)に脳血栓が起こりやすい。
  原因は「冷房による体の冷やしすぎ」だと考えられる。
  脳血栓(梗塞)は、12~2月の冬と7~8月に発症しやすい。
  「7~8月は暑いので、汗をかくので血液中の水分が不足して
  血液がドロドロになるから」というのが、現代医学の見解のようです。
 
 しかし、冷房がなかった40年前までの日本人は、夏になると、
 今の人たちの10~20倍もの量の汗をかいていたものだが、
 脳梗塞、心筋梗塞など「血栓症」にかかる人はほとんどいなかった。


「水を冷やすと氷」「食物を冷凍庫に入れると硬くなる」ように、
宇宙の物体は冷やすと硬くなる。
一方、36.5℃前後とされる体温がある「温かい血管内」で、
血液が固まり、血栓ができるのは、冷房により冷やされるからと
考えると納得がいきます。


夏に起こる体調不良の対策

 1日中強冷房の車内で過ごすタクシードライバーは、
 仕事が終わると熱々の風呂に入り大量の汗をかくようにしているそうです
 そうすることによって、低体温を改善し新陳代謝を高める効果が
 あるようです。


よって、夏に起こる諸々の不調対策として、以下を励行されるとよいでしょう。
 
(1)シャワー浴はやめて、温めのお湯(40度以下)に長く(30分程度)浸かる
   もしくは熱い湯に短時間(5分程度)浸かり、出て身体を冷やす、また入る、
   を繰り返してサウナと同じような血行促進を促す。
   もちろんサウナをたびたび利用するのもよい。
(2)ウォーキング&ランニングやジムなど、運動の習慣のある人は、
   いつものように実行して汗を十分にかく。
   習慣のない人は、部屋の中で「かべ腕立て伏せ」、「かかとあげ」、
  「ももあげ運動」、「スクワット」などを行なって少しでも汗をかく。
   適度な運動は適度な疲労感を生み、睡眠も深くなる。
(3)「とりあえずビール」の後は、飲んでうまいと思うなら、日本酒の熱燗を飲む。
(4)熱々のうどん、鍋料理など、汗をかきながら食べられる「冬料理」を食べる。
(5)七味唐辛子、すりおろし生姜、タバスコ、ネギ、山椒など、体を温める薬味を、
  うどん、そば、ピザ、パスタ、うなぎなどに多めにふりかけて食べる。

いかがですか、体調不良が思い当たる方は少しでも実行してみてください、
しかし無理はせずご自分がやって「気分がいい」「体調がいい」と
思えるものを続けてみてください。


20188622423.jpg
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.koberunning.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/92