ホーム>神戸・海岸ランニングのコーチブログ>神戸・海岸ランニングのコーチブログ>美白と骨粗鬆症どっちが大事?
神戸・海岸ランニングのコーチブログ

美白と骨粗鬆症どっちが大事?

各地で桜の開花宣言がされ、気温もぐんぐん上昇し日差しも急に春めいてきましたね。
でもそうなると気になるのは日焼けではないでしょうか!?

近年、太陽光線は浴びすぎると皮膚がんになるなどと言われすっかり悪者になっています。
しかし太陽光線は私たちが生存していくために欠かせないものです。
日焼けを気にして太陽光線を浴びないと骨粗鬆症(こつそしょうしょう)や
骨格筋量・筋力低下症候群になりやすくなります。

高齢になると、筋肉量や骨密度の低下により転倒し骨折しやすくなりますが、
これはビタミンDの不足が大きな要因とされています。
そのビタミンDは、私たちの体の中で重要な役割をしています、
腸におけるカルシウムやリンの吸収を促進させ骨組織へリン酸カルシウムの沈着を促し、
血中カルシウム濃度の調整を行っています、
ビタミンDは体内のカルシウムの代謝に深く関与しているのです。
しかしビタミンDは食品から必要量をとることが難しいビタミンです。
年齢を重ねるとビタミンDを生成する力が弱まります、
70代になると若いころの半分しか生成できなくなると言われています。
ですから日光に当たってビタミンDを生成しないと体内のビタミンDが不足してくる恐れがあります。


足腰が弱り外出の機会が減る高齢者ばかりでなく、
「美白のため」「シミ予防に」と極端に日光を避けた生活をしている昨今の女性たちにも、
その危険はあるという。美白もいいけれど、健康のためには日光を浴びないと近い将来…。


骨が弱くなり、もろくなってしまいます。筋組織も弱くなり、筋力も落ちていきます。
こうした結果、起こってくる最も代表的な病気が、骨粗鬆症です。

骨粗鬆症になり骨が弱くなると、転倒が怖いといって外出を控えるかたがいます。
外出を控え、日光に当たる機会が少なくなればなるほど、
ビタミンDの生成は少なくなり、骨も筋力も、どんどん弱くなります。

では1日にどれくらい太陽光を浴びればいいのでしょうか?
緯度やその日の天候にもよりますが一般的にビタミンD生成は
夏季なら約15分程度
冬季は1~2時間程度必要です。
もちろん日焼け止め無しで手や顔を露出している程度で十分効果が得られるといわれています。

それでも太陽光に当たりたくないというなら食事で摂取するしかないのですが、
ビタミンDが含まれている食品は、しいたけ、きくらげ、サケなどがありますが、
栄養が偏った現代人がそれらを毎日バランスよくとるのは至難の業です、
やはり屋外で楽しく趣味や活動し太陽光を適度に浴びる方が簡単です。

それでもやっぱり日焼けはしたくないという方、
日焼けが始まるおおよその時間を覚えておいてください。

紫外線によって日焼けが始まる時間は、体質や肌の色など人によって大きく異なりますが、
一般的な目安としては、色白の人で約20分、普通の肌の人で約25分、
色黒の人の場合は約30分といわれています。

でもまだ安心できない方は、顔や首筋、腕は完全紫外線予防をして
手のひらから紫外線を吸収するようにしてください、
手のひらにはメラニン色素がありませんから日焼けしません!
アフリカ系外国人は顔や体は真っ黒ですが手のひらは白いです。
屋外で活動しながらうまく手のひらだけ太陽光を浴びるようにするだけで
ビタミンDの生成ができます。

いかがですか、太陽光を浴びることによって皮膚がんやシミなどの害はありますが
浴びないことによっておこる骨粗鬆症、筋力低下も十分に恐ろしいことです。

太陽光を浴びたくないからといって室内にこもっていないで、
少しでも屋外に出てビタミンD生成活動をしてみてください。

2018328115212.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.koberunning.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/81