ホーム>神戸・海岸ランニングのコーチブログ>神戸・海岸ランニングのコーチブログ>マラソン本番10日前からやるべきこと、やってはいけないこと。
神戸・海岸ランニングのコーチブログ

マラソン本番10日前からやるべきこと、やってはいけないこと。

いよいよ「神戸マラソン」まで後10日となりました。

みなさんの心境は如何でしょうか?

期待でワクワク、不安でドキドキ どちらでしょうか?

十分トレーニングをし30Km以上の試走も何回か行った方は

本番が待ち遠しく早く当日がくるのを指折り数えてまっていることでしょう

一方トレーニング内容が不十分だった人は「完走できるだろうか?」と不安が一杯のことでしょう。

本番10日前になると不安な気持ちといよいよというモチベーションが高まり「走って不安を消す」という行動に出てしまいます、

レースの不安を解消するために直前になってむやみに練習量を増やしてしまう「走って安心したい」というランナーの心理が働き突如30Km走など闇雲に走ってしまう方もいるようですが、

レース10日前からは徐々に練習量を減らしていき本番は絶好調で迎えるようしたいものです、直前の「悪あがき」は本番当日に疲れを残したり、無用なケガにつながることもありますので直前になって「追い込み」の如く急激に走る量を増やすのはやめましょう。

しっかり計画どおりにトレーニングを積んできた方はトレーニングの量を減らし、ここまでに溜まってきた疲労を抜くことに専念しましょう。

ただし練習量を減らす際には体調維持には注意しましょう。

練習量を減らすことでそれまでの緊張感が緩んでしまうこともあります、特にこの時期は風邪をひきやすい時期でもありますから汗をかいたらすぐに拭き取る、着替えるなど健康管理には充分気をつけましょう。

練習量は充分でも直前に体調を崩してしまったらせっかくの練習が水の泡となってしまうかも?

一方十分な練習ができなかった方、それでも突然練習量を大幅に増やすのは危険です。

「徐々に少しづつ」練習量を増やしていくようにいくようにしましょう。この場合レース当日に多少の疲労が残ってしまいますがやむを得ません、レースに向けて緩やかなカーブを意識しながら練習量を増やしていけば、本番で疲労が残っていても筋力が上がってくるので案外走りきれてしまいます。

いずれにしてもレースまでの計画は非常に重要です。
思いつきで「不安を振り払うために走る」という行き当たりばったりの行動は「マラソンで成功」を得ることができません。

次は1週間前の過ごし方を書きたいと思います。

2015115112124.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.koberunning.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/50