ホーム>神戸・海岸ランニングのコーチブログ>2014年11月

2014年11月

今年もうれしいお知らせが届きました。

11月23日に開催されました「第4回 神戸マラソン」 私も出場させていただきました。
 

今回は事前のトレーニングで脚を痛めてしまい欠場も覚悟したのですがなんとかゆっくりなら走れるまで回復したので折角の当選ですからタイムは気にせず楽しみながら走ろうと出場いたしました。
 

自己ベスト更新を狙っていた時は沿道をチラッと見る程度で一心不乱に走っていましたが、楽しみながら走ろうと決めた今回は沿道の応援の方々、ボランティアの方々にハイタッチでパワーをもらいながら楽しく42.195Kmを走らせていただきました。
 

結果としてベストタイムより1時間も遅いタイムでしたが、満足度はこれまでで1番の大会となりました。
改めて応援の方々、ボランティアの方々の力って大きく、ありがたいなと感じることができました。

 

そして大会後にも嬉しいことがありました。

当スクールで神戸マラソン出場するということでレッスンさせていただいていた方お二人共「無事完走できました」と嬉しい連絡をいただきました。

毎年、この連絡が1番嬉しいです。
生徒さんのマラソン体験に携わることができて本当に良かったと実感できます。

 

沿道で応援、ボランティアされていた方、テレビで観戦されていた方で次は自分もと思った方、是非あなたのマラソンの1歩を当スクールでお手伝いさせてください。

 

20141125114730.jpg

ランニングの時に音楽もいいけど、足音にも耳を傾けて!

神戸マラソン、福知山マラソンが近づいてきて街を走る人も多くなったように思えます。

みなさんそれぞれ最後の調整時期に入っているのでしょうか?

それともやっと重い腰が上がったのでしょうか?

 

走っている方を拝見していると、綺麗なフォームで走っている方もいらっしゃれば

残念な方もいらっしゃいます

残念な方は、背筋が曲がり、腰が落ちてそれが影響で脚がスムーズに出せていません。

なかなかご自分のフォームはチェックしにくいものですが、

例えばお店などのショーウインドーに映るご自分の姿をチラッと見ても

背筋が伸びているか?腰が落ちていないか?はチェックできます。

また太陽光でできたご自分の影を見てもチェックはできます。

 

音楽を聞きながら走っている方も多いと思いますが、

一度イヤフォンを外してご自分の足音を聞いてみて下さい。

 

ゆっくり走っているときは「無音」に近く、

 

速く軽快に走っているときは「タッタッタッタ」と軽快な足音がしているはずです。

 

この足音が、「ドス ドス」 「カパ カパ」 「ジャリ ジャリ」など不快な音がしている方

 

または左右の足音が違う方はシューズやフォームの見直しが必要です。

 

是非一度いろんな方法でご自分のフォームをチェックしてみてください。

フォームが直ればより快適に走れるようになります。

 

ランニングフォーム.jpg